トップページ  サイトマップ  サイトへコンタクト  運営者プロフィール 
電話で予約する女性 嬉しそうにガッツポーズする女性 指で16と訴えアピールする女性

知識なしでピルを飲むのは危険!?

Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

ピルを飲んでいても妊娠してしまうケースが稀にあるわけなんですが、飲み忘れによる効果の低下が原因であるケースが多いようです。

ピルに対する知識がないまま、通販で購入したピルを飲み続けて避妊をしている女性もいるようですが、ピルはただ飲めばいいわけではありませんので、自己判断はいけません。

ピルの服用は自己判断はダメという女性のサイン

今はネットに数多くの情報がありますので、ちょっと調べればピルの服用方法も確認できるんですが、間違った情報もあることを忘れてはいけません。
一般的には毎日同じ時間に飲むという事になっていますが、それを知らずいつも違う時間に飲んでいるという方は避妊効果が低くなってしまい、妊娠してしまうということもあるようなので気を付けましょう。

薬の副作用と長期服用の注意

ピルは毎日同じ時間に服用し続ける事で避妊できるんですが、副作用があるという事と、長期服用になるという事もありますから、リスクについても理解する必要があるんです。

まず、副作用については吐き気や頭痛となりますが、血栓症になりやすい方は危険ですので服用してはいけません。
また長期服用となると、肝臓に負担がかかってしまいますので、病歴などもしっかりと伝えて処方してもらいましょう。
長期服用となると、通販を利用する方も多いんですが、種類が違うピルを飲む場合は体に合わないとか副作用が強く出るという事もあるので慎重になる必要があります。

ピルを休薬する期間の性行為

低用量ピルで避妊する場合は、休薬期間があり、その間に生理が来るわけですが、休薬している間の避妊率はどうなのか気になりませんか?

寝ているポーズをして休薬機関をアピールする女性

生理中は妊娠しないという噂もあるので、ピルを飲んでいない方も生理中は大丈夫と安心していたりするようです。
しかし、実際のところはどうなんでしょうか?
出血している状態で性行為をするという事に疑問を感じる方や、衛生的にどうなのかと批判する方もいらっしゃるかもしれませんが、生理中は膣内が傷つきやすい状態になっていますので、行為をしないのが一番です。

ピルの休薬期間は生理とはいわず、消退出血というのですが、この出血があるまで、ピルを飲み忘れたりした事がなければ100%に近い避妊率となるようです。

性行為を楽しむためにピルを服用

たとえ愛し合っている恋人同士であっても、子供ができたら産めるか・・育てられるか・・という質問をされるといきなりすぎて困るという方が多いんじゃないかと思います。

きちんと避妊使用と考える方も増えていると思うんですが、ピルを服用していただければほぼ100%の確率で避妊ができるとの事ですから、今後の事もしっかりと考える必要があると思います。

恋愛に夢中になりすぎると、この人の子なら・・と勝手に考えてしまう女性もいますが、相手がその気じゃないとなると、未婚の母になってしまう可能性もあるわけですので避妊についてもっとよく考えてみて下さい。

Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

▲PAGE TOP